記事リスト

客席

使用頻度を確認する

観覧席はリースの方が購入よりもお得なことがあります。これはイベントで使う時などです。イベント期間に合わせてどちらがお得なのか、よく比較してみましょう。専門業者に相談してみるのも大事です。適切なものを提案してくれます。

土嚢袋

土嚢と袋の選び方

土嚢は、水害などへの対策の為や工事現場で広く利用されているものである。土嚢袋を利用する場合、長期間の繰り返し使用を想定する際には強度や耐久性の高いものを選ぶことがポイントである。一時的な使用では、使い捨てのものもある。

ステージ

イベントを盛り上げる客席

イベントが行われる時にあると便利なのが観覧席です。たくさんのリース業者がありますから、評判や費用を比較して決めます。一般的な相場は1連1段は4000円程度、3連3段は10000円前後です。手すりやキャスターなどのオプション費用も必要です。予算が決まっている場合は学園祭用のパック料金がおすすめです。

工事

災害時に役立つ

土嚢は建設現場や工事現場で使われるだけではなく、災害時にも役立ちます。個人でも土嚢袋を購入して災害時に備えておくといいかもしれません。専門業者からも購入できますが、通販サイトでもまとめ買いをすることは可能です。

作業員

イベント企画のポイント

イベント企画において、観覧席の設営は専門のリース業者を利用できる。まずは、イベントの規模や内容に応じてどのようなサービスが必要かを確認する。業者を選ぶ際には、技術面、設備面においての対応力、トータルコスト、安全面について複数の業者を比較するとよい。

水害時の備えに

土嚢

基礎知識と選び方

土嚢袋とは、土を詰めて使う袋の総称です。一般的な使い方としては水害時の備えがあげられます。日本は国土が狭い割に山と川が多く、周囲を海に囲まれています。さらに雨も多い亜モンスーン地域でもあるので、大陸に比べて土砂災害や津波などの水害に見舞われやすい地域です。そのため、特に河川や海のそばに住んでいる人や自治体にとっては水害への備えが必須といえます。この水害時に重要となってくるのが土嚢袋です。土嚢袋に土を詰めて河川敷におけば土砂が流出していくのを防いだり、増えた水嵩によって周囲の土地が流されたり汚染されたりするのを防ぐことができます。ですが、土嚢袋に土を詰めた状態だと非常にかさばるので、土を詰めて保管しておくのは非現実的です。かといって、土を詰めずに袋だけ保管しておいても、水害時という緊急時に土を詰めるのも大変という難点がありました。また日本は水害が多いといっても場所や地域によっては土嚢袋が必要なほどの水害はめったに起こらないということも多いものです。その場合、質の悪い土嚢袋を備えておいても、使うときにはすっかり劣化して使えないという事態にもなりかねないのです。そのため、近年は保管を前提とした質のよい土嚢袋や、給水させるだけで使えるタイプなどが人気となっています。特に給水させるだけで使えるタイプは高いですが非常に使い勝手がよいので多くの自治体で取り入れられています。このタイプは助成金がでることもあるので特におすすめです。