記事リスト

災害時に役立つ

工事

建設現場で役立つ

工事現場や建設現場でよく見かけられる土嚢は、災害時にも役立ちます。河川氾濫などの影響で水が床下や床上に浸水しないようにするために、出入り口に土嚢を積むことは必須です。このような理由から土嚢袋を購入し、中に砂などを入れて災害時に備える企業や家庭も増えてきています。まず、土嚢袋を探してみましょう。頑丈な素材ではないと災害時に役立てることはできません。簡単に破れてしまうようでは困ります。建設関係の会社では常にたくさん必要になることから、専門業者に大量発注することが一般的です。いざという時のためにも、専門業者について調べておきましょう。もちろん、個人でも購入することは可能です。個人で購入するのならホームセンターや通販サイトを活用するといいでしょう。土嚢袋はいろいろなところで売られています。専門業者に発注する場合には、大量発注の方が割安になることもあるので、誰かが代表してまとめ買いをするというのもいいかもしれません。町内会や自治会などでまとめて購入し、近所に配るというのもいいでしょう。それから、使い捨てタイプの土嚢袋もあります。災害に遭わなかったとしても対策として使ってしまった場合、それを再利用するのは大変です。いくら洗っても泥が落ちなかったり、何度か使ううちに頑丈さがなくなってきたりすることもあります。このような時のことも考えて、使い捨てタイプも検討してみましょう。専門業者はもちろん、通販サイトでも様々な種類があります。